若くても大家さん

グラフ

サラリーマンから不動産を購入するには

最近ではサラリーマン大家さんが多く誕生しており、不動産を購入することによってサラリーマンでも大家さんになれるということです。これは区分マンションや一棟マンションなど様々な物件を一つでも購入すれば大家さんになれるということになります。 どのような物件を購入するのかというのは区分マンションが最も早く購入できるためです。このようにマンションを特集して書いていますが、戸建ての購入をする方もいますが、マンションの方が管理しやすいので書いています。 不動産会社に連絡をして購入をしたいと伝えます。そうすることで不動産をキャッシュで購入するのかローンで購入するのかのどちらかになります。この時に経営ができるかどうかの計算も必要になります。

大家さんになるためには

先程記載したローンで購入する場合なのですが、銀行からお金を借りるということになりますのでサラリーマン大家さんとして経営ができるかを問われるようになります。また、サラリーマンの年収が関係してきますが、だいたい500万円以上の方が対象となってきます。500万円以下の方がローンを組みたい場合は出来るだけキャッシュを貯めるようにし、借りるお金を少なくすることで借りれるようになる可能性が高いです。 ローンを借りるためには経営ができるかどうかということになり、家賃収入を得て、ローンが返せるかどうかということが基本条件となります。また、この他にも本人が他に借金をしていないかということも確認され、勤務先の年収状況や勤務期間が問われてきますので注意しましょう。